リキッドファンデーションの使い方 の記事一覧 | リキッドファンデーションの使い方や選び方、口コミで人気の情報など

リキッドファンデーションの使い方

パースマジックファンデーション「小じわ対策もできる」

IMG_3219

パースマジックファンデーションがおススメの理由

もともとは白色のリキッドが、肌になじませると色が変わり自分の肌色になるという不思議なファンデーションだからです!
塗ってみると本当にみるみる真っ白から肌色に変化していき、白浮きすることなく自分の肌色に変化してとても綺麗になじみます。
おもしろいです。
普通のファンデーションは数種類の中から自分の肌に合った色味を選びますが、これはその必要がないのがとても楽で、かれこれ10年くらいはリピ買いしています。
そして、小じわ対策もばっちりなのも大きな理由です!

実際に使った感想

名前の通り、本当にマジックです!!手に出した段階では「大丈夫?」というくらい真っ白なリキッドですが、手のひらに指で広げてから少しずつポンポンと頬に乗せていくと、あら不思議、本当に徐々に肌色に変化していきます。
そして、自分のトーンになったかな?というところでストップします。

一瞬で肌がパッと明るくなり、少々のシミやくすみはこれ1本で消せます。
自然な仕上がりですが、カバー力はしっかりあります。

私は小鼻より下には塗らず、目の周りを中心に顔の上側にのみ使用しています。
意識としてはクマ隠しのような感覚かもしれません。
頬骨の内側あたりからポンポンと小刻みに指で乗せていき、広げ、なじませます。
おでこや鼻にも伸ばし、小鼻の赤味も隠したらおしまいです。

とにかく自分の肌の色になるので、夏に日焼けをしていても、その肌にもちゃんとなじみます。
年間通して色味を考える必要がないのがとても楽です。

メイク直しは、午後からテカリが出てきたなと感じた時にティッシュで押さえるだけで復活!
もしクマが目立ってきたなと思ったら、ほんの2mmくらい出して指でポンポンするだけで、再びパッと明るくなります。本当に頼り切ってます(笑)

ちなみに、結婚式のヘアメイクの打ち合わせの際、久々に他のファンデーションを塗った自分の顔を見てギョッとしました。
色合わせをしてから塗られたはずなのになんだか顔映りが悪い…。
すると担当してくださっていたヘアメイクさんも「なんかイマイチだね、こっちしてみようか」と、なんと私が普段使用していた、まさにこのマジックファンデーションを出されメイクし直してくださいました。
そして「やっぱりこっちだね」とお互い納得でこのマジックファンデーションを挙式当日も使うことに決定。
もしもヘアメイクさんの手持ちのメイクの中になかったら、たぶん私、これを使ってくださいと持参していたと思います。

また、このファンデーションの強みは色なじみがいいことだけでなく、小じわ対策にも一役買ってくれています。
ピンと張った元気な肌になるので、ありがたいことにだいたい周りの方から5~7歳くらい若く見てもらえます。
つい最近、お化粧は何を使ってるの?という話題になったので、次に会った時に紹介する予定です。

そして嬉しいことにコスパもとてもいいです。
少量でよく伸びるので、私はこの1本で4~5ヶ月は使えます。

ファンデーションの香りもお化粧臭くなく好きです。
パッケージもパールホワイト地に桜をモチーフにした金色の模様とロゴで見た目も綺麗。

私はこれがもしも廃番にでもなったら路頭に迷うくらい信頼して使用しています!

下地と混ぜて利用【ちふれUV リキッド ファンデーション】

securedownload

使用している理由

ねっとりしている日焼け止め下地と一緒に混ぜて使うのにこの商品だとさらっとしているので合わせやすい為。

また、打っている場所もドラックストアやデパート、またコンビニ等でも売っているので手軽に手に入るのがいいなと思います。
加えて、値段が非常に安く気軽に試せるので例えば使っていて日焼けなどで色が合わなくなっても違うカラーでも試せるのがいいと思います。
また使い続けていて、不満な点があまりないので同じものをリピートしています。

リキッドファンデの使い方

基本的に夏のお化粧は、基礎化粧品のあと、日焼け止め下地とリキッドファンデーションを混ぜて使います。

そうなると、液体を二回塗るということになり、どうしてもドロドロ感が出てしまうので混ぜて塗るのがちょうど私に合ってるなと思うのです。

日焼け止め下地自体は結構ドロっとしているのですがそれに混ぜて使うとなると、結構さらっとしたものでないとドロドロがとてもひどく使えません。

ただUV効果のあるリキッドファンデーションとなるとけっこう粘度の高いものが多く、日焼け用下地とその粘度高めのリキッドファンデーションを混ぜて肌にぬるとダマまではいかないですが、まさに「塗りこめて」ている感じになりかなり肌が詰まるというか負担がかかっているのが自分でもわかります。

肌呼吸ができていない状態だというのが肌からひしひしと伝わる感じです。

また、わたしの化粧法方法だと、さらにそのうえにおしろいを重ねることになります。

そうなると肌のつまった厚塗りのちょっとドロッとした感じになっている肌の上に今度はパウダー状のものを重ねてしまうことになるので、粉がふいてどうしようもない、ということになります。

そうなってしまうともうどうしようもないのでいったん、顔を洗ってまたそこから基礎化粧品を・・
の繰り返しになってしまう可能性が結構高く、ほとほと困っていました。

その話を友人に伝えたところ、お勧めされたのがこのリキッドファンデーションした。

とはいえ、値段が値段なのでちょっとどうかなと思いしばらく躊躇していたのですが、夏になり、もうどうしようもないほどドロドロとしてしまうので購入に至りました。

実際に購入し始めて手に出したときに、そのサラっとした感じにまずびっくりしました。

よく振ってから使うこととあったので、降る回数が少なかったのかと思ったほどです。

そして日焼け止め下地と合わせて直接肌に塗ってみると、さらにびっくりしました。

確かに、しっとりとはしているのですがべたつきを感じるというほどではなく、肌に手が吸い付くような感じ、というのが正しい表現かな、と思います。

そのうえにおしろいをかさねても粉が全く浮いてこず、使い心地がとてもいいです。

また、発色もそうきついほうではないので日焼け止め下地と混ぜて使っても、また上に粉を乗せても色自体で喧嘩することがほぼなく濃すぎたり薄すぎたりすることなくきれいに赤みや薄いシミを隠してくれるのでとっても重宝しています。

リキッドファンデーションでニキビ対策できる?

img2016032401

ある日突然顔にぽつぽつ出来るニキビは本当に嫌なもので、何とかしたいと思っている人も多いでしょう。
最近のリキッドファンデーションは美容効果の高い物があるので、ニキビ対策にうってつけのように思えるかもしれません。

(さらに…)

気になるリキッドファンデーションの成分

img2016032402

直接肌につけるコスメの成分は、誰しもが気になる所かと思います。
特にリキッドファンデーションのようなベースメイクは、顔全体を覆う物なので成分に関しては、特に神経をとがらせていることでしょう。

(さらに…)

リキッドファンデーションの色選び

img2016032403

どんなに綺麗にベースメイクを施したとしても、自分に合わない色のリキッドファンデーションを使ってしまうと意味がありません。
しかしいざ自分に合う色のファンデーションを探すとなると意外と難しく、見つけられない人も多いと思います。

では、どうやって自分に合う色のファンデーションを選べば良いのでしょうか。
今回は、色選びのコツについて、いくつかのポイントを見ていきたいと思います。

(さらに…)

リキッドファンデーションの厚塗りのコツ

img06

シミやシワを何とかしたいと、リキッドファンデーションを厚塗りする人も多いと思います。
しかし中々上手くいかず、変な感じになってしまうこともあるでしょう。

では欠点を上手く隠しつつも肌に綺麗に馴染ませるには、どうすれば良いのでしょうか。

(さらに…)

リキッドファンデーションにピッタリのスポンジ

img05

メイクが綺麗に仕上がるかどうかは、ベースメイクにかかっていると言っても過言ではありません。

しかし何故か部分メイクだけに力を入れて、ベースメイクがおざなりになっている人をよく見かけます。
ベース(基礎部分)が出来ていないので、荒が目立っているのは否めません。

(さらに…)

プチプラで評判の良いリキッドファンデーション

プチプラでネット上の評判の良いリキッドファンデーションをご紹介します。

まず、オルビスのエッセンスリキッドファンデーション。
こちらは、税抜き1800円ながら高いカバー力を持っています。
(さらに…)

リキッドファンデーションの化粧直し

リキッドファンデーションを使っている人の化粧直しの方法は、人それぞれ色々あるようです。
リキッドファンデーションのカバー力は間違いないのですが、反面扱いが難しく、化粧崩れでよれやズレが目立ってしまうという欠点があります。
こうした時に、どんな方法で化粧直しをすれば良いのか、ご紹介します。
(さらに…)

汗に負けないリキッドファンデーション

ファンデーションが汗で流れて化粧崩れが気になってしまう夏。
なるべくだったら、化粧崩れが少なくなるものを選びたいものです。
ファンデーションを選ぶ上で、化粧崩れが少なくなるものをと思うなら、リキッドタイプが断然オススメです。
(さらに…)