リキッドファンデーションの厚塗りのコツ | リキッドファンデーションに悩む

HOME » リキッドファンデーションの使い方 » リキッドファンデーションの厚塗りのコツ
リキッドファンデーションの使い方

リキッドファンデーションの厚塗りのコツ


img06

シミやシワを何とかしたいと、リキッドファンデーションを厚塗りする人も多いと思います。
しかし中々上手くいかず、変な感じになってしまうこともあるでしょう。

では欠点を上手く隠しつつも肌に綺麗に馴染ませるには、どうすれば良いのでしょうか。

メイクの基本は肌を整えることから

まずパウダーファンデーションでも同じことがいえますが、肌を整えることから始めます。
余分な皮脂が多くなってしまうと、化粧崩れを起こしてしまうおそれがあります。

ただしスキンケアがいくら大事だからとはいえ、化粧水や乳液をつけ過ぎるのはよくありません。
ほどよい量をつけて肌に馴染ませるようにして下さい。

リキッドファンデーションを塗る手順

そしていよいよリキッドファンデーションの登場です。
欠点を隠すためとはいえ、変に厚塗りをしてしまうと肌荒れの原因になるので要注意です。

どうしてもというのであれば、コントロールカラーを使うようにします。
また下地と合わせて使うと、少量のリキッドファンデーションでもしっかりカバーしてくれます。

実際にファンデーションを肌につける際には、一度手の甲に馴染ませてからにしましょう。
そうすると体温でリキッドファンデーションが温かくなり、化粧のりも良くなるからです。

顔にファンデーションを付ける時は額・鼻・顎・頬に少しずつ置き、内側から外側へ延ばすように塗り込んでいきます。
この時手で伸ばしても構いませんが、スポンジを使うと綺麗に伸びるのでおすすめです。
また強くこすり過ぎてしまうと肌に負担がかかるので、なるべく優しく丁寧に塗り込むようにして下さい。

ファンデーションが塗り終われば、ティッシュ等で顔を優しく包み込むようにして押さえつけて行きます。
そうすると肌に馴染むばかりか、余分なファンデーションも落とせるので自然に仕上がります。