リキッドファンデーションに下地は必要? | リキッドファンデーションに悩む

HOME » リキッドファンデーションの使い方 » リキッドファンデーションに下地は必要?
リキッドファンデーションの使い方

リキッドファンデーションに下地は必要?


リキッドファンデーションを使うにあたって、下地は必要なのでしょうか。
そもそも、化粧下地とは化粧水・乳液の次に塗りこむベースメイクであり、一般的にファンデーションを塗る前につけるものだとされています。
その役割とは、ファンデーションなど顔に色を重ねていくと起こりうる「色素沈着」を防止する事にあります。

化粧水と乳液の上からファンデーションを塗ってしまうと、毛穴の奥に入り込んでいってしまいます。
しかも、毛穴の奥に入ってしまうとメイク落としを使っても完全に取り去る事ができません。
ファンデーションには顔料が含まれていて、これによって肌トラブルを隠してきれいに見せてくれます。
しかしながら顔料が肌に直に触れてしまうと、肌トラブルの原因となり、ファンデーションを使うほどに荒れていってしまう、隠すためにさらに塗り込む…といった悪循環になりかねません。
こうした事態を避けるため、化粧下地が存在します。
また、下地をあらかじめ塗っておく事で、色素沈着が無くなりメイク落としも楽になります。

リキッドファンデーションは、液体タイプで肌馴染みが良いのが特徴です。
肌に吸い付いて均一にカバーしてくれるので、肌のカバー力が高く透明感のある仕上がりを実現してくれます。
ところが、肌に馴染み易い分肌への負担も大きくなるようです。
リキッドの成分には油分が多く含まれており、これも肌への負担を増やしてしまう原因となります。
とにかく顔料が肌に触れてしまうこと、油で肌にふたをしてしまうことから、肌トラブルの原因にもなってしまうのです。
こうした肌への負担を減らすためにも、化粧下地は必要だと考えられます。