ブラシを使ってリキッドを塗ろう | リキッドファンデーションに悩む

HOME » リキッドファンデーションの使い方 » ブラシを使ってリキッドを塗ろう
リキッドファンデーションの使い方

ブラシを使ってリキッドを塗ろう


リキッドファンデーションの塗り方は指、スポンジ、ブラシと色々ありますが、透明感のある仕上がりを目指すならブラシを使いこなせるようになるのが良いでしょう。
というのも、リキッドは扱いが難しく、理想的には薄づきでムラのない伸ばし方が一番ですが、なかなか思う通りに伸ばしていけない人が多いのです。
透明感を目指すのならムラは御法度…ということで、ブラシを使うと思う通りに伸ばす事ができるためにオススメなのです。

ファンデーションをブラシで伸ばす時は、まず少量のリキッドを顔に乗せるところから始めます。
おでこ、両ほほ、あごの四カ所に乗せて、自分の皮脂量でリキッドの量を調整します。
ブラシを顔に対して垂直にし、目の下を軽くたたくようにして伸ばしていきます。
目の周りは、ブラシを左右に動かして、こすらないよう注意しつつ伸ばしていきます。
細かい部分が完了したら、次はTゾーンです。
肌に対してブラシが垂直になるように持ったら、Tゾーンに沿って伸ばしていきます。
このとき、なでるように優しく伸ばしていくのがコツです。

リキッドの伸びが悪いと感じたら、いったん手の甲に出して暖めておくのもオススメです。
この場合、手の甲に出したリキッドを毛先に少し含ませ、よく馴染ませてから塗っていきます。
ブラシに馴染ませた場所が偏っていると、伸ばしたときにムラができてしまいます。
手の上でブラシを良く馴染ませて、毛の表面にきちんとリキッドが行き渡っているかを確認してから塗っていきましょう。

このように、ブラシを使うとリキッドの扱い易さがぐっと増します。
初心者には難しく思えるリキッドファンデーションですが、使いこなせばプロ並みのカバー力を再現できます。
量の微調整が簡単なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。