リキッドファンデーション情報局!使い方から口コミまで

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションどっちがいい?


top10

ファンデーションの選び方

大きく分けてファンデーションはリキッドファンデーションとパウダーファンデーションがあります。
どちらがいいという事はありませんが肌に合ったものを選ぶというのが第一条件です。

添加物はパウダーファンデーションの方が少ないのが特徴です。
なので肌が弱い方はパウダーファンデーションの方が良いかもしれないですね。

またリキッドは油分が多く含まれております。
この油分を使って肌に塗っていきますので毛穴を目立たなくするような効果があります。

リキッドファンデーションは肌に潤いを与えてくれますので乾燥肌の方にもおすすめです。

おススメリキッドファンデーション

(レブロン カラーステイ)
とにかくカバー力がすごいです。
毛穴を目立たなくさせてくれるのできれいな肌を演出してくれます。
またカバー力がすごいのですがクレンジングですっきりと取れるところも魅力です。

(マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール)
薄づきなのが特徴です。
またすっとのびてとても使い心地が良いです。
しっかりメイクをしたいときはパウダーファンデーションと合わせて使うとよいでしょう。

(リキッドファンデーションのカネボウ KATE)
リキッドなのにパウダーっぽい仕上げに。
リキッド用のパフで薄く伸ばしていくと透明感のある艶肌になります。
また毛穴カバー力も抜群です。

リキッドファンデーションは何からできているの?

リキッドファンデーションは油と顔料からできております。
油と言っても美容に使う油ですのでご安心ください。
エッセンスオイルと思って頂くとよいかもしれないです。

また価格も様々ですが高いものが良い!というわけではないようです。

リーズナブルなものでも十分その効果はございます。
一番大切な所は自分の肌に合ったものを選ぶという事です。
またファンデーションの前にはまず基礎化粧品から。

お肌を整えて、化粧下地をつけたうえでファンデーションをつけていきましょう。
こうすることでお肌へのダメージがかなり軽減されていきます。

リキッドファンデーションの上手な使い方

まずはリキッドファンデーションの色から見てみましょう。
自分の肌に合った色を探すことから始まります。

例えば色白の人はベージュ系を選ぶとよいでしょう。
また色黒の人はオークル系にピンク系を混ぜて使うとよいでしょう。
ピンクを混ぜることで透明感がアップします。

ただし赤みがある方はピンクはNGです。
肌の色から自分に合ったカラーを見つけることが重要ですね。

まず基礎化粧品でお肌を整えてから化粧下地を使います。
次に額から鼻に、そして顎・最後に頬にぬっていきましょう。

またスポンジを使うとむらなくきれいにつけていくことが出来ます。
またつけ終わったら最後にティッシュなどで軽く押さえて整えていきましょう。

この後フェイスパウダーをのせていくとよりきれいな仕上がりになります。

敏感肌のパウダーファンデーション

パウダーファンデーションの中には敏感肌の方用のファンデーションがあります。

もともとリキッドよりも添加物が少ないのですがさらに天然の成分で作られたものなどもありますので、敏感肌の方は特に自分の合った化粧品を探してみましょう。

ナチュラルでツヤのある自然な仕上がり RMKリクイドファンデーション


21F7155F-1F39-43BC-A50E-F1E12DDD3090 (1)

RMKリクイドファンデーションの良い点

ナチュラルなメイクがしたくて、いろいろなサイトや雑誌でリキッドファンデーションについて調べました。
そこでナチュラルだとゆう意見が1番多かったRMKリクイドファンデーションを試してみたところ、扱いやすく本当にナチュラルに仕上がる事に感動して購入しました。
敏感肌で肌に合わない化粧品も多いのですが、このファンデーションに変えてから今まで荒れたり乾燥することがなく使えているので、リピートして使っています。

RMKのリクイドファンデーションはポンプ式になっているので、出過ぎたりする事もなく適量を取り出しやすいです。
サラッとしたテクスチャーなので扱いやすく、肌に塗るのも簡単でした。匂いもほとんどなく全然気になりません。

実際にRMKを使った感想

実際に塗ってみるとかなり伸びが良く、1プッシュだと少し余るくらいでした。
私の場合は普通に塗って半プッシュで十分足りるので、コストパフォーマンスがかなり良いファンデーションだと思います。
ブラシを使って塗るととても薄づきに仕上がります。
他のリキッドファンデーションに比べるとカバー力はほとんどなく、目の周りのクマやシミなどはこのファンデーションだけで隠す事はできません。
しかし自然な感じのツヤが出るので、肌が明るく見えます。
気になる部分はコンシーラーなどを併用してカバーしています。
厚塗りでしっかり隠しているという感じにはまったく見えず、ツヤ感のある元から綺麗な肌だったような仕上がりになります。
クマやシミなど色ムラのカバー力はありませんが、ブラシでポンポンと叩き込むように塗れば、毛穴の開きはある程度カバーしてくれます。

かなり薄付きなので時間が経っても崩れがほとんどなく、綺麗な状態をキープできています。
小鼻の周りは少し崩れる事もありますが、ティッシュで軽く抑えるだけで綺麗になります。
また時間が経っても乾燥した感じはせず、冬場などの乾燥する季節に使っても大丈夫です。

以前使っていたリキッドファンデーションはオイルクレンジングでないと綺麗に落ちませんでしたが、RMKのリクイドファンデーションはクリームクレンジングでもくるくる優しくマッサージするだけで綺麗に落ちます。
敏感肌なのでなるべく肌に優しいクレンジングを使いたいので、簡単に落としやすいという点もとても気に入っています。

RMKのリクイドファンデーションを使い始めてから、「ファンデーション塗ってない?」と聞かれることが本当に増えました。
ツヤのある自然な仕上がりになるので、ナチュラルメイクが好きな人にはかなりオススメできるファンデーションだと思います。
またかなり扱いやすいので、不器用な人や、初めてリキッドファンデーションに挑戦する人にも向いていると思います。
付け心地の軽さやカバー力はまるでパウダリーファンデーションのようですが、乾燥しにくくキープ力がある点はさすがリキッドファンデーションだと思います。

今2本目を使用中ですが、次もRMKリクイドファンデーションをリピートするつもりです。

パースマジックファンデーション「小じわ対策もできる」


IMG_3219

パースマジックファンデーションがおススメの理由

もともとは白色のリキッドが、肌になじませると色が変わり自分の肌色になるという不思議なファンデーションだからです!
塗ってみると本当にみるみる真っ白から肌色に変化していき、白浮きすることなく自分の肌色に変化してとても綺麗になじみます。
おもしろいです。
普通のファンデーションは数種類の中から自分の肌に合った色味を選びますが、これはその必要がないのがとても楽で、かれこれ10年くらいはリピ買いしています。
そして、小じわ対策もばっちりなのも大きな理由です!

実際に使った感想

名前の通り、本当にマジックです!!手に出した段階では「大丈夫?」というくらい真っ白なリキッドですが、手のひらに指で広げてから少しずつポンポンと頬に乗せていくと、あら不思議、本当に徐々に肌色に変化していきます。
そして、自分のトーンになったかな?というところでストップします。

一瞬で肌がパッと明るくなり、少々のシミやくすみはこれ1本で消せます。
自然な仕上がりですが、カバー力はしっかりあります。

私は小鼻より下には塗らず、目の周りを中心に顔の上側にのみ使用しています。
意識としてはクマ隠しのような感覚かもしれません。
頬骨の内側あたりからポンポンと小刻みに指で乗せていき、広げ、なじませます。
おでこや鼻にも伸ばし、小鼻の赤味も隠したらおしまいです。

とにかく自分の肌の色になるので、夏に日焼けをしていても、その肌にもちゃんとなじみます。
年間通して色味を考える必要がないのがとても楽です。

メイク直しは、午後からテカリが出てきたなと感じた時にティッシュで押さえるだけで復活!
もしクマが目立ってきたなと思ったら、ほんの2mmくらい出して指でポンポンするだけで、再びパッと明るくなります。本当に頼り切ってます(笑)

ちなみに、結婚式のヘアメイクの打ち合わせの際、久々に他のファンデーションを塗った自分の顔を見てギョッとしました。
色合わせをしてから塗られたはずなのになんだか顔映りが悪い…。
すると担当してくださっていたヘアメイクさんも「なんかイマイチだね、こっちしてみようか」と、なんと私が普段使用していた、まさにこのマジックファンデーションを出されメイクし直してくださいました。
そして「やっぱりこっちだね」とお互い納得でこのマジックファンデーションを挙式当日も使うことに決定。
もしもヘアメイクさんの手持ちのメイクの中になかったら、たぶん私、これを使ってくださいと持参していたと思います。

また、このファンデーションの強みは色なじみがいいことだけでなく、小じわ対策にも一役買ってくれています。
ピンと張った元気な肌になるので、ありがたいことにだいたい周りの方から5~7歳くらい若く見てもらえます。
つい最近、お化粧は何を使ってるの?という話題になったので、次に会った時に紹介する予定です。

そして嬉しいことにコスパもとてもいいです。
少量でよく伸びるので、私はこの1本で4~5ヶ月は使えます。

ファンデーションの香りもお化粧臭くなく好きです。
パッケージもパールホワイト地に桜をモチーフにした金色の模様とロゴで見た目も綺麗。

私はこれがもしも廃番にでもなったら路頭に迷うくらい信頼して使用しています!

KATE パウダリースキンメイカー 「カバー力はとてもよい」


DSC_1288

インターネット上で刺激が少ないとか化粧崩れがしにくく、それでいて乾燥しないといういい口コミを多数見たことで敏感肌で混合肌という難しい自分のお肌に合っているのではと思われたことから使用することにしました。
また現在国内で販売されているリキッドファンデーションはピンク寄りのベージュが多く、私にはあまり合いません。
しかしこのリキッドファンデーションは色味がイエローベースの肌に合いそうな種類があり、使用しても不自然な顔色にならないだろうと思ったことも使用を決めた理由の1つです。

(さらに…)

資生堂 ベネフィークリキッドファンデーション 専用のハケを使うとさらに良い!


DSC_0231

おススメ理由

しっとりしていて、のびが凄くいい。
長年愛用していて、肌にピッタリ。
夕方も化粧くずれもせず、乾燥しにくい。
くすみや吹出物も、リキッドファンデーションを軽く伸ばしただけでも隠してくれる。
オールシーズン対応で冬場の乾燥や、季節の変わり目の肌の不安定さも、このリキッドファンデーションはのりがいい。
パッケージも可愛い。
このベネフィークのおしろいを最後にのせると、更に化粧くずれもせず、顔がパッと明るくなる。
ベネフィークの化粧下地と合わせて使うとなお良し

(さらに…)

MAQuillAGE「肌にもよく馴染む」


nor

量も入っていて思っているより長持ちするし、肌にもよく馴染むと友だちが進めてくれたので試してみました。
もともとMAQuillAGEのファンデーションだったため抵抗感もなく使い初められると思いました。

リキッドファンデーションは初めてだったのですがBBクリームと変わらないとの事だったのと、友だちがリピートして使っているといのも、使ってみようとゆう決め手にもなりました。
昔よりもリキッドファンデーションを使っている人も増えたのか、よく進められたからです。

肌がキレイに見える

私はリキッドファンデーションは減りが早いし馴染みが悪いし難しいのかと思っていました。
調度使っているファンデーションが無くなりそうだったので、リキッドファンデーションを使っている友だちに話をききました。

BBクリームと対して変わらないし、サラサラしてて伸びやすいしカバーしてくれるとこはしてくれて、汗にも強いとのことでした。
更に、「思ってるより減らないよ!」と教えてもらいました。

ドラッグストアに行って、手に試してみて自分の肌に合う色を探しました。

友だちが教えてくれたとおり、伸びも良くてサラサラしていて肌が息苦しいという感じもなく、使いやすそうだったので購入しました。
減りに関しては「本当に減らないのかな、すぐになくなってしまわないかな。」と購入した時点ではまだまだ半信半疑でした。

最初は、馴染んでないところはないか。
とか、手でのばしてから付属のスポンジ使ってゆっくりやってました。

使い初めて半年ほどたちました。
最初ほど時間もかからなくなりました。
ベタつきも気にならないし、仕上がりもサラサラしています。

友だちがいうには「少しラメが入ってるパウダーで仕上げたら、もっとフンワリ仕上がっていいよ!」と教えもらいました。
普段はリキッドファンデーションだけですが、結婚式とかに呼ばれた時はパウダーで仕上げるようにしました。
友だちに教えてもらった通り、よりいい仕上がりになりました!粉感が好き嫌いあると思うので、気合いを入れる日などにプラス、パウダーを使って仕上げるのも有りかなと思います。

私は普段リキッドファンデーションだけですが、大事な時とか気分でパウダー仕上げします。
パウダーの値段もピンキリですがこだわりが無ければ安くても大丈夫です!
リキッドファンデーションの減りに関してですが、半年使ってますがなくなってません!
まだ残っているので、買い換えはまだ先になりそうです。
オールシーズン使えて、使い安くて、化粧崩れもない様な感じです。
気になる様ならパウダー乗せてた方が良いかなと思います。
私はそんなに気にならないのでだいたいリキッドファンデーション一本です!!
次に買う時もリキッドファンデーションを買いたいと思っています。
リキッドファンデーションを使い初めてから「どこのファンデーション使っているの?」ときかれる事が増えたので、前より肌もキレイに見えるのかなと勝手に思っています。
使ってない方も使ってみる価値はあると思います。