リキッドファンデーション情報局!使い方から口コミまで

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションどっちがいい?


top10

ファンデーションの選び方

大きく分けてファンデーションはリキッドファンデーションとパウダーファンデーションがあります。
どちらがいいという事はありませんが肌に合ったものを選ぶというのが第一条件です。

添加物はパウダーファンデーションの方が少ないのが特徴です。
なので肌が弱い方はパウダーファンデーションの方が良いかもしれないですね。

またリキッドは油分が多く含まれております。
この油分を使って肌に塗っていきますので毛穴を目立たなくするような効果があります。

リキッドファンデーションは肌に潤いを与えてくれますので乾燥肌の方にもおすすめです。

おススメリキッドファンデーション

(レブロン カラーステイ)
とにかくカバー力がすごいです。
毛穴を目立たなくさせてくれるのできれいな肌を演出してくれます。
またカバー力がすごいのですがクレンジングですっきりと取れるところも魅力です。

(マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール)
薄づきなのが特徴です。
またすっとのびてとても使い心地が良いです。
しっかりメイクをしたいときはパウダーファンデーションと合わせて使うとよいでしょう。

(リキッドファンデーションのカネボウ KATE)
リキッドなのにパウダーっぽい仕上げに。
リキッド用のパフで薄く伸ばしていくと透明感のある艶肌になります。
また毛穴カバー力も抜群です。

リキッドファンデーションは何からできているの?

リキッドファンデーションは油と顔料からできております。
油と言っても美容に使う油ですのでご安心ください。
エッセンスオイルと思って頂くとよいかもしれないです。

また価格も様々ですが高いものが良い!というわけではないようです。

リーズナブルなものでも十分その効果はございます。
一番大切な所は自分の肌に合ったものを選ぶという事です。
またファンデーションの前にはまず基礎化粧品から。

お肌を整えて、化粧下地をつけたうえでファンデーションをつけていきましょう。
こうすることでお肌へのダメージがかなり軽減されていきます。

リキッドファンデーションの上手な使い方

まずはリキッドファンデーションの色から見てみましょう。
自分の肌に合った色を探すことから始まります。

例えば色白の人はベージュ系を選ぶとよいでしょう。
また色黒の人はオークル系にピンク系を混ぜて使うとよいでしょう。
ピンクを混ぜることで透明感がアップします。

ただし赤みがある方はピンクはNGです。
肌の色から自分に合ったカラーを見つけることが重要ですね。

まず基礎化粧品でお肌を整えてから化粧下地を使います。
次に額から鼻に、そして顎・最後に頬にぬっていきましょう。

またスポンジを使うとむらなくきれいにつけていくことが出来ます。
またつけ終わったら最後にティッシュなどで軽く押さえて整えていきましょう。

この後フェイスパウダーをのせていくとよりきれいな仕上がりになります。

敏感肌のパウダーファンデーション

パウダーファンデーションの中には敏感肌の方用のファンデーションがあります。

もともとリキッドよりも添加物が少ないのですがさらに天然の成分で作られたものなどもありますので、敏感肌の方は特に自分の合った化粧品を探してみましょう。

素肌でいるより肌にいい、インテグレート リアルフィットファンデ オークル00


contim001

明るい肌色のリキッドファンデーションで、黄色味をあまり感じない点でリピートしています。
テスターをしてみて、サラサラとしたベタつかずに肌になじむような感じだったので、インテグレートのリキッドファンデーションにしようと決めました。
もともと、素肌でいるより肌にいいと広告していたくらいのものなので、誤って化粧をしたまま寝てることがごく稀にあるので、助かっています。
基本的には、伸びのいいファンデーションということなので、どんな化粧水や美容液を使っても自然に肌になじんでくれます。オイリーな肌の人にオススメです。
(さらに…)

薄づきでナチュラルながらも艶のある、コフレドールヌーディカバーリクイドUV


contim012

わたしは乾燥ぎみの肌ですが、このファンデーションはしっとりして時間がたってもかわいたり、皺が目立ったりすることなく、なめらかな肌を長時間キープできます。夏場でも落ちてきたりメイク直しが気になることもありません。

ナチュラルな艶があり、薄付きなのでいかにもメイクしていますという感じがなく、若々しい仕上がりになります。

伸びがよく、少量で仕上がるのでコスパもいいですし、さらにUVカット効果もあるので皿に安心です。
(さらに…)

時間が経つにつれて肌に馴染むメイベリンの「フィットミーリキッドファンデーション」


r44

メイベリン フィットミーリキッドファンデーション

肌の赤みに長年悩まされていたため、しっかりとカバーをしてくれるファンデーションを探していました。

いままで海外のみで販売されていたこのフィットミーリキッドファンデーションが日本で販売されると聞き、気になっていました。

YouTube等のネットで、口コミが良いと知り購入しようと思いました。

色展開が豊富な点も、他のプチプラにはない魅力だと思い、自分の肌にぴったりのファンデーションが探せる!と嬉しかったです。

プチプラの中ではかなり優秀なカバー力!

このファンデーションはサラサラしているため、ブラシで塗ると、ブラシにファンデーションが取られてしまいあまりカバー力が感じられず少し残念に思っていました。

しかし、色々と塗り方を変える中で、指で伸ばすとカバー力が格段に上がることに気づきました!

伸びがとても良いので、肌が覆われている感じや重さが無く、ずっと悩んでいた肌の赤みもしっかりカバーしてくれます。

一度塗りでは隠せない気になるクマやニキビ跡には、少量を重ね付けすることでコンシーラーが要らないくらい消えてくれます。

下地にファンデーションにコンシーラーに…とどんどん厚塗りになるのが嫌なので、嬉しかったです。

自然な肌に見せたい時は、指で塗ったあとスポンジでポンポンと押さえて余計なファンデーションを取り除くと、ツヤ感が出てくれます。

このファンデーションを初めに買った時は夏で、日焼けをしていたので、私の肌には128番の色がぴったりでした。

日焼けが落ち着いてきて肌が明るくなってくると、120番がぴったりでした。

季節や自分の肌の色に合わせて気軽に色が選べるのは、プチプラだからこそだと思います。

ワンプッシュで全顔に使えるので、コスパがとても良いです。なかなか減りません。

どんなにカバー力の良いデパコスのファンデーションでも、学生の私にとっては簡単に買い変えることができないので、値段の安さはリピートするかしない方にとっては重要です。

また、ドラッグストアに売っているので、すぐ買いに行けるところも助かります。

肌に乗せると、ツヤ感も残りつつサラサラになるので、フェイスパウダーやルースパウダーをしなくていいところも乾燥肌の私にとって良かったです。

朝から夜まで長時間塗っていても、崩れにくいところも気に入っています。

今まで使っていたプチプラのリキッドファンデーションはドロドロに崩れたり、お直しが必要に感じていましたが、フィットミーリキッドファンデーションは時間が経つにつれて肌に馴染むように感じます。

脂性肌~普通肌の方におすすめなファンデーションだそうで、秋冬は目の周りや鼻周りの乾燥少しが気になるので、保湿力のある下地と一緒に使っています。

肌が荒れたり、香りが強かったり…とベースメイクに海外コスメを使用することはいままでほとんどありませんてしたが、問題なく使えました。

カバー力もあり、崩れにくいので、プチプラの中ではかなり優秀なリキッドファンデーションだと思います!

化粧直しを一度もしなくても夜まで綺麗が続くエスティローダーの「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」


r43

エスティローダーのダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

決めた理由は大きく2つあります。

1つ目は、崩れにくさです。

仕事柄、化粧直しがなかなか出来ないという事と肌質的に化粧が崩れやすいのがずっと悩みでした。

また、崩れやすい割に乾燥肌であり、粉ファンでは合わないため、崩れにくいリキッドファンデーションを探していたところ、

たまたま友人がこちらの商品を使っていたので

お試しで使用させてもらったところ、化粧直しを一度もしなくても夜まで綺麗が続いていた為です。

2つ目は、カバー力です。

学生時代、ニキビが酷くニキビ後があるため、カバー力の続くものを探していました。

ダブルウェアは、一塗りでもカバー力が高くずっと続くのでこのリキッドファンデーションに決めました。

私自身やっと巡り会えたと非常に感動

初めて使用したのは、朝から夜まで予定があった8月頃の時期です。

仕事で朝6時には現場にいなければならず、またその日は夜に飲み会の予定がありました。

朝4時頃にはファンデーションを付け始め、そこから夜の飲み会まで化粧直しをする暇が一切なく、いつものように崩れているんだろうと感じておりました。

私の崩れ方は、おでこと小鼻の周り、頬周りもファンデーションが溶けるような崩れ方です。

特に夏は溶け方が酷くなるので、夜にはファンデーションが肌に残っていないような状況が多く非常に悩んでおりました。

ですが、その日は一切化粧直しをしていないにも関わらず、飲み会まで崩れが見られず、化粧室で化粧直しをしていた先輩にどこのファンデーションを使っているのか聞かれるほどのものでした。

そんな事は今まで一度もなかったので、私自身やっと巡り会えたと非常に感動しました。

ファンデーション崩れに一番の悩みを抱えていたため、そこからずっと使い続けていたのですが、その時はカバー力が少し弱いかなと感じていました。

カバー力が弱いと感じていた時のファンデーションの塗り方としては、このファンデーションの特徴でもあるのですが肌への密着力が高い変わりに

テクスチャーが重たいので、少量を取り肌全体に薄く伸ばして、その後水に濡らしたスポンジで伸ばしていました。

ですが、ある日スポンジで伸ばす時間がなく、指で適当に伸ばした日がありました。

塗った直後は少し塗りすぎたかなと感じたのですが、私の肌のニキビ跡や赤みが一切目立たなくなった為、カバー力を強く実感しました。

おそらく水で濡らしたスポンジを使用していた時は、スポンジにファンデーションが吸収されてしまっていたんだと思います。

肌のデコボコやシミ等隠すという概念がない方は、スポンジでも大丈夫だと思います。(むしろそのままだとテクスチャーが少し重たく感じるかもしれない為です)

ただ、カバー力も同時に求める方は、私のように指で全体に広げて使用する事をおすすめします。

若干ムラにはなりますが、綺麗に伸ばせばそこまで気にならないです。

あとこちらのファンデーションの特徴として、テクスチャーではないのですがファンデーションを出す際のポンプが別売りになっています。

私は購入してから気付きました。

ポンプがない場合、かなりどろっとファンデーションが出てしまい量の調整が難しいため、

慣れれば問題ないですが、リピートするようになる場合や量の調整が面倒な方な方は購入時にポンプも一緒に買う事をおすすめします。

RMKジェルクリーミィファンデーション「自分でも肌がキレイと思えるファンデーション」


rmk

RMK ジェルクリーミィファンデーション

以前はエスティローダーのダブルウェアを使用していましたが、自分の肌には重く、価格も高めだったので、無くなるのを機会に他のリキッドファンデーションを探していました。
アットコスメでRMKのリクイドファンデーションがランクインしていたので百貨店でメイクして頂いたのですが、カバー力に欠けていると感じ、店員さんに他のリキッドファンデーションを付けて頂いたところ一番カバー力が強めで肌がきれいに見えたジェルクリーミーファンデーションを気に入り、購入してみました。
(さらに…)