リキッドファンデーション情報局!使い方から口コミまで

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションどっちがいい?


top10

ファンデーションの選び方

大きく分けてファンデーションはリキッドファンデーションとパウダーファンデーションがあります。
どちらがいいという事はありませんが肌に合ったものを選ぶというのが第一条件です。

添加物はパウダーファンデーションの方が少ないのが特徴です。
なので肌が弱い方はパウダーファンデーションの方が良いかもしれないですね。

またリキッドは油分が多く含まれております。
この油分を使って肌に塗っていきますので毛穴を目立たなくするような効果があります。

リキッドファンデーションは肌に潤いを与えてくれますので乾燥肌の方にもおすすめです。

おススメリキッドファンデーション

(レブロン カラーステイ)
とにかくカバー力がすごいです。
毛穴を目立たなくさせてくれるのできれいな肌を演出してくれます。
またカバー力がすごいのですがクレンジングですっきりと取れるところも魅力です。

(マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール)
薄づきなのが特徴です。
またすっとのびてとても使い心地が良いです。
しっかりメイクをしたいときはパウダーファンデーションと合わせて使うとよいでしょう。

(リキッドファンデーションのカネボウ KATE)
リキッドなのにパウダーっぽい仕上げに。
リキッド用のパフで薄く伸ばしていくと透明感のある艶肌になります。
また毛穴カバー力も抜群です。

リキッドファンデーションは何からできているの?

リキッドファンデーションは油と顔料からできております。
油と言っても美容に使う油ですのでご安心ください。
エッセンスオイルと思って頂くとよいかもしれないです。

また価格も様々ですが高いものが良い!というわけではないようです。

リーズナブルなものでも十分その効果はございます。
一番大切な所は自分の肌に合ったものを選ぶという事です。
またファンデーションの前にはまず基礎化粧品から。

お肌を整えて、化粧下地をつけたうえでファンデーションをつけていきましょう。
こうすることでお肌へのダメージがかなり軽減されていきます。

リキッドファンデーションの上手な使い方

まずはリキッドファンデーションの色から見てみましょう。
自分の肌に合った色を探すことから始まります。

例えば色白の人はベージュ系を選ぶとよいでしょう。
また色黒の人はオークル系にピンク系を混ぜて使うとよいでしょう。
ピンクを混ぜることで透明感がアップします。

ただし赤みがある方はピンクはNGです。
肌の色から自分に合ったカラーを見つけることが重要ですね。

まず基礎化粧品でお肌を整えてから化粧下地を使います。
次に額から鼻に、そして顎・最後に頬にぬっていきましょう。

またスポンジを使うとむらなくきれいにつけていくことが出来ます。
またつけ終わったら最後にティッシュなどで軽く押さえて整えていきましょう。

この後フェイスパウダーをのせていくとよりきれいな仕上がりになります。

敏感肌のパウダーファンデーション

パウダーファンデーションの中には敏感肌の方用のファンデーションがあります。

もともとリキッドよりも添加物が少ないのですがさらに天然の成分で作られたものなどもありますので、敏感肌の方は特に自分の合った化粧品を探してみましょう。

下地と混ぜて利用【ちふれUV リキッド ファンデーション】


securedownload

使用している理由

ねっとりしている日焼け止め下地と一緒に混ぜて使うのにこの商品だとさらっとしているので合わせやすい為。

また、打っている場所もドラックストアやデパート、またコンビニ等でも売っているので手軽に手に入るのがいいなと思います。
加えて、値段が非常に安く気軽に試せるので例えば使っていて日焼けなどで色が合わなくなっても違うカラーでも試せるのがいいと思います。
また使い続けていて、不満な点があまりないので同じものをリピートしています。

リキッドファンデの使い方

基本的に夏のお化粧は、基礎化粧品のあと、日焼け止め下地とリキッドファンデーションを混ぜて使います。

そうなると、液体を二回塗るということになり、どうしてもドロドロ感が出てしまうので混ぜて塗るのがちょうど私に合ってるなと思うのです。

日焼け止め下地自体は結構ドロっとしているのですがそれに混ぜて使うとなると、結構さらっとしたものでないとドロドロがとてもひどく使えません。

ただUV効果のあるリキッドファンデーションとなるとけっこう粘度の高いものが多く、日焼け用下地とその粘度高めのリキッドファンデーションを混ぜて肌にぬるとダマまではいかないですが、まさに「塗りこめて」ている感じになりかなり肌が詰まるというか負担がかかっているのが自分でもわかります。

肌呼吸ができていない状態だというのが肌からひしひしと伝わる感じです。

また、わたしの化粧法方法だと、さらにそのうえにおしろいを重ねることになります。

そうなると肌のつまった厚塗りのちょっとドロッとした感じになっている肌の上に今度はパウダー状のものを重ねてしまうことになるので、粉がふいてどうしようもない、ということになります。

そうなってしまうともうどうしようもないのでいったん、顔を洗ってまたそこから基礎化粧品を・・
の繰り返しになってしまう可能性が結構高く、ほとほと困っていました。

その話を友人に伝えたところ、お勧めされたのがこのリキッドファンデーションした。

とはいえ、値段が値段なのでちょっとどうかなと思いしばらく躊躇していたのですが、夏になり、もうどうしようもないほどドロドロとしてしまうので購入に至りました。

実際に購入し始めて手に出したときに、そのサラっとした感じにまずびっくりしました。

よく振ってから使うこととあったので、降る回数が少なかったのかと思ったほどです。

そして日焼け止め下地と合わせて直接肌に塗ってみると、さらにびっくりしました。

確かに、しっとりとはしているのですがべたつきを感じるというほどではなく、肌に手が吸い付くような感じ、というのが正しい表現かな、と思います。

そのうえにおしろいをかさねても粉が全く浮いてこず、使い心地がとてもいいです。

また、発色もそうきついほうではないので日焼け止め下地と混ぜて使っても、また上に粉を乗せても色自体で喧嘩することがほぼなく濃すぎたり薄すぎたりすることなくきれいに赤みや薄いシミを隠してくれるのでとっても重宝しています。

日本人に合う色味「ラロッシュポゼUVイデアXLプロテクションBB」


20180811_015653

頬と鼻の毛穴が目立つので、毛穴ケアの一貫としてお肌に優しくて落としやすいファンデーションを探しているときに、近所の商品名のコスメエリアでみつけました。
はじめてのブランドなので、少し迷いましたが、4000円でお釣りが来るお値段はファンデーションとしては妥当だと思えたし、お肌の調子を整えるというフランスの湧き水が配合されていることと、世界の皮膚科医が進めていること、紫外線対策できることが購入の決め手となりました。

世界の皮膚科医おススメのファンデ

はじめて使うラロッシュポゼの製品なので、色味の出方がわからなかったのでライトで透明感のある仕上がりになるという01番を使っています。
つけはじめは、少し白っぽいかなと思いますが、時間がたつときれいに肌に馴染んでくれて、いい感じになります。
外国製ですが、きつい香りはしません。

敏感肌用だから、つけ心地は軽めです。こんなに軽いのに、SPF50p+・PA+++なので日焼け止め効果が高い!
お肌の奥深くまで届いてしまうUVAもカットしてくれるので、ファンデーションを塗るだけで、一年を通して紫外線ケアできるのはとても嬉しいです。
夏場、長時間外出する日や汗をたくさんかくような日が続くと、決まって赤くなって吹きでものができることが夏場の悩みでしたが、今年はまだその症状でていません。
紫外線対策は、本当に優秀です。

また、ファンデーションを塗る前に別ブランドの日焼け止め下地を使用していますが、特に問題は感じません。
下地の後、私は指でぱぱっと馴染ませていますが、伸びがいいので、手の甲に少しずつ出して、少しずつ塗っていく方がいいと思います。
チューブタイプなので、余っても戻せなくてもったいないですから。
カバー力がとても高い感じはしませんが、ある程度はカバーしてくれると思います。
仕上がりは、クッションファンデほどではないけれど、少し艶っぽい感じです。

私はセミマットの仕上がりが好きなので、必ずお粉を重ねます。
そうすると、しっとりしながらもフワッとした感じになってくれます。
メイクのもちは、普通かなと思いました。
しくてお昼を過ぎてもメイク直しができなかった時は、私の毛穴が目立つ肌質のせいか毛穴落ちしてしまっていました。
そういうときは、ボトルタイプの化粧水をシュッとひと吹きして手で馴染ませてから、お粉を重ねると午前中のフワッとしたお肌に戻ります。

メイクオフですが、気分によってクレンジングミルクとクレンジングウォーターを使っていますが、お肌が荒れたりすることもないので、クレンジングオイルでなくてもきちんと落ちている感じがします。
パッケージには洗顔料で落とせますと書かれていましたが、私はアイメイクをしっかりめにしているので、洗顔料だけでオフしたことはないです。
敏感肌用のラインのファンデーションなので、お肌が敏感な方はもちろんですが、紫外線に弱い方や季節によって肌が揺らぎやすい方にも、おすすめできます。
色味もナチュラルとオークルの二色展開なので日本人の肌に合う色味になっていると思います。

おススメ韓国コスメ「アトミ BBクリーム 」


20180811_004610

母親がアトミの商品を使っていたので、そのおすそ分けで1つもらってから使っています。
アトミはネットワークビジネスだしなあと思いましたが、韓国コスメではあるし、他の保湿クリームや歯磨き等は確かに使って悪くなかったので、母親におすそ分けでもらった後にもリピートでまた使う様になりました。
BBクリームは昔から人気もあるし、韓国コスメでの代表のような面もありますよね、なので良い聞いていたのもあって使い始めたのがきっかけです。

急いでいるときにもおすすめ

使ってみた実感は思ったよりも良かったです。
アトミを以前、基礎化粧品の化粧水と乳液を使った時は、ちょっと水っぽさがあったので苦手意識がありましたが、少し前にでた保湿力があるクリームは良かったし、BBクリームもリキッドファンデーションのように使用出来たらと思ってこうしました。
マット感があるのはリキッドファンデーションのようにしっかりしています。
私は元もと薄めの化粧の方ではありますが、アトミはしっかりとマット感もありながらも伸びが良いので、化粧をする時に軽く塗りやすいです。
なので急いでいる時になんかは助かりますし、外に出てからもそんなに化粧くずれて大変になっちゃった...のような厚塗り感はありませんでした。

上には軽い仕上げのパウダーを使って抑えていましたが、それも浮く感じではなく、そのパウダーにも合わせやすい油っこさもないため、使いやすかったです。

しかも紫外線も防止するUVカットも効果がありましたから、子どもを迎えに行く時や、スーパーにちょっと買い物に行く時なんかはサッとつけて出ることもありましたから使いやすさは良かったです。

カラーは他に種類があるのかはちょっと分からないんですが、私の肌にはよく合っているように感じましたし、肌の色合を自然に見せてくれるように、なじむ感じが使いやすかったです。
母親年配でしたし、実際もっと油っこい化粧品を使ってるんじゃないかというのが最初アトミの化粧品の印象だったんですね。
でもこれは、あまり年齢を問わない、というよりもむしろ、若い女の子たちの様に作られというくらい軽く、自然な感じの使い心地さだったんですね。
なので若い方たちにはオススメです。

私も3児の母親なのでついつい育児に追われてしまうと、化粧もいい加減ところか、しない日も出てしまっていたんですが、1番上の子から「お母さん綺麗でいてねー」っていう一言をもらってからは、人前出る時はもちろん、紫外線の当たるような日には、家の中でもこの化粧品だけは塗るように心がけています。

夫も昔からそんな濃い化粧をするのを好む方では無かったので、この化粧品のように軽く使えるのと、軽いフィット感が自然で良いのだと思います。
特別なにか言う訳ではありませんが、自然な感じでいられるのは夫の前にでも、子どもの前にいても気持ちが良いものです。

アトミを使ったことがない方は、私のように嫌がる方もいらっしゃるかもしれませんが、品質としては大きな会社ですし、長い間続いてきてる会社なので良いと思いますよ。
そしていちおう韓国コスメですから、美には良いものを取り扱っているんだと思います。
オススメです。

長期愛用:レブロン カラーステイ メイクアップ リキッドファンデーション(180 サンドベージュ)


IMG_7303

ファッション雑誌を見て、モデルさんがオススメのリキッドファンデーションで紹介していたのを見て興味をもちました。
また、検索してみると人気ランキング上位にありましたので安心して使用出来そうだと感じました。
価格もリーズナブルで自分でも気軽に購入できると思い、購入しました。
初回購入はロフトさんで購入した覚えがあります。
その頃から、9年間愛用しています。
友人が良いリキッドファンデーションを探していると教えてあげています。
今では友人も長期愛用者です

9年間愛用しています。私の愛用暦による年代別で感想です。
 代前半はオイリー肌でしたが、顔の皮脂が多くてもあまり落ちることなかったです。
むしろ、お昼近くなり少し皮脂が出てくると肌なじみが良くなります。
また、プールや海水浴に行く際も、水落ちが本当に少なく友人には「何でそんなに化粧落ちないの」と良く言われたいました。
水場に行く際は普段より薄めに塗っていましたが毛穴はカバーできるので下地(日焼け止め)の上に塗っていました。

20代後半に入ると、少々の乾燥肌と小さな吹き出物が気になり始めました。
夜のお手入れは一生懸命していましたが日中は化粧をせずには外出できず使用していました。
カバー力があるので吹き出物の箇所に厚塗りをしないように薄く塗り上から粉で抑えていました。
どうしても隠したい時は、同じレブロンのコンシーラーを使用してカバーしていました。
乾燥肌には、あまりにも白い粉が吹くなどひどいときには使用をおすすめしません。
もちろんカバーは出来ますし、保湿もあるので良いですが、経験上から夕方頃になると乾燥が強くなる感覚があります。

初めて使用をお考えに方には、リキッドファンデーションの色の種類も数種類ありますし、オイリー肌/普通肌 24時間崩れない など数種類のリキッドファンデーションが販売されていますので、1度手の甲に出していろを試してください。
色んな色で試しましたが、外から見る色と塗ると結構違います。
私の感覚では外側の色より明るく発色する気がします。
可能であれば、首元や、顔に試して見てください。
見た目や手に出した時は、色が濃くマット感が強く厚化粧になりやすいかと思いましたが、手で伸ばすと伸びがとても良く均等に塗ることができます。
9年間使用している間に、他のメーカーのリキッドファンデーションも数ヶ月試したりもありましたが、やはりレブロンのリキッドファンデーションが一番良いです。
季節にもよりますが、毎日使用し続けても、1本で1.5-2ヶ月ほどもちます。1回の使用量は1プッシュ~1.5プッシュで充分足ります。
一本2000円ちょっとで購入でき、ドラッグストアやドンキーホーテや大型ショッピングモールならば置いてあることが多いです。
レブロンコーナーがあれば基本置いてあります。
普段は、もう直ぐなるなるかなと思うと、たまたま行った出先で見て購入しています。
自分に合う番号さえ分かっていればいつでも購入できます。

自然な感じに見える!ケイト パウダリースキンメイカー


IMG_20180810_180356

長年ファンデーションで気に入ったものがなくて困っていたのですが、最近インターネットでいいリキッドファンデーションがあるかどうかを調べていたところ、偶然目にして評価もよかったことから気になって使ってみたいと思い購入しました。
またカバー力もありそうな上にベージュ系の色味もある上、私にとってのアレルギー成分であるエタノールが含まれていないことから、自分が使用しても問題ないと思って使ってみようと思いました。
(さらに…)